Top > 暮らし > 小学五年生のころに経験がある笑い話

小学五年生のころに経験がある笑い話

小学五年生のころに家出人になった経験があるんです。今となっては笑い話だけどね。
きっかけは父親に持っていた漫画を全部捨てられてしまったことで、もうこんな家にいられるかと家出した。
お年玉は母親の通帳に貯金してたから、自分の管理しているお金なんて、二、三千円の貯金箱に入ったものしかなくて。
母親の財布から一万円を取って、家出の資金にしたっけ。
悪い子だなー私。
どこでも良いから家から遠い所へ行こうと電車に乗って、知り合いの家を訪ねるとばれるからそれもできなくて、

来たこともない隣県で、行く当てもなく歩いたあの日。
自分でも何でそこに向かったのか分からないようなところだから、両親も探し当てることができなくて、迎えに来てくれる人もいないまま公園で二晩過ごしちゃった。
お金も尽きてどうしようかと思ってた時におまわりさんに見つかって、結局家に帰ることができたけど。
家出人捜索も出してたみたいだし、結構大事になって怒られたなー。
おなかはすくし怖いし、その後こってり絞られるし大変だったけど、ひと夏の貴重な体験だったよ。

大人の家出人の効率的な探し方

暮らし

関連エントリー
小学五年生のころに経験がある笑い話
カテゴリー
更新履歴
安心してできる性病検査(2020年9月 9日)
良い増大サプリを探して(2020年9月 2日)
気になってしまったベラジョンカジノの入会(2020年6月12日)
朝食をスイッチするだけで楽にカロリーコントロールが可能なスムージーダイエットは...。(2019年10月27日)
気になってしまった Dark Vortex ダークボルテックス(2019年10月24日)